本当に使う人が、本当に喜ぶ製品をつくる。
本当に使う人が、本当に喜ぶ製品をつくる。

GREETING 代表挨拶

もともと高度な風呂文化が発達していた日本。
しかし、日本のタオル産業は贈答用やノベルティグッズ、ブランド品を中心に発達してきました。

当社は、贈答品の生産がタオル産業の大半を占めていた時代から、贈答用タオルの製造に力を入れず、またブランド商品も 扱ってきませんでした。
愚直なまでに実需としての製品にこだわり開発を行ってきた企業、それが伊澤タオルです。 当社の特徴は徹底的な生活者視点。

「どんなタオルが売れるか」より「どんなタオルがエンドユーザーに喜ばれるか」を考えて開発、サンプル製作による実地 検証を経て、品質管理の行き届いた工場で生産されたユニークで高品質の製品は、たくさんのお客様から高いご評価を いただいています。

ひとり一人が、自分の好み、ライフスタイル、利用シーンに合ったタオルを使う。
バスアメニティー文化が発達した欧米では当たり前のこの光景が、日本に定着するまで。
当社はタオルの可能性を追求していきます。

伊澤タオル株式会社 代表取締役 伊澤正司