創業47年。エンドユーザーを一番に考え、タオルを作り続けてきました。

HISTORY 沿革

伊澤正美 会長

1970年
繊維と商売の町大阪に小さな事務所を開設して以来、
当社は大阪から東京、そして世界へ活動の場をひろげてきました。

創業者 伊澤正美の築いた
「既存の枠にとらわれない徹底した生活者視点での商品開発」
「サンプル製作による実地検証」
「積極的な海外展開」
などの姿勢は、
現在もしっかり受け継がれています。

 

1970年 10月 大阪市住吉区において伊澤正美が伊澤タオルを創業
贈答用タオルを開発する競合他社が多い中で、創業以来、実需タオル一筋。
1971年 3月 大阪市住吉区に本社社屋を開設
4月 法人化

伊澤タオル株式会社設立商品化に至らなかったサンプルの中には、アイディアにとんだユニークな製品が多数。
当時から枠にとらわれない製品開発を行っていたことが垣間見れる。

1981年 5月 東京品川区に、東京営業所 開設
1985年 5月 海外生産開始にあたり、100%出資子会社 インタークラフト通商 設立
1997年 4月 代表取締役に伊澤正司が就任
1998年 4月 東京営業所増強のため、東京港区に移転
11月 大阪府貝塚市に中央商品センターを開設
2001年 1月 中国有力工場との業務提携、海外生産事業拡大
2005年 9月 タオル研究室設置、研究チーム発足

素材などの商品研究のみならず、モニタリングによるタオルの使用実態とその評価に至るまでを
データベース化。製品へのこだわりと顧客満足度の連動性を測ることに成功。
これにより商品企画の精度が大幅に向上。

2010年 7月 首都圏における業務拡充の為、東京営業所を増床
2012年 12月 首都圏における業務拡充の為、拠点を移し増床とともに東京営業所を改名し東京支店とする
2013年 4月 業務拡大に伴い、商品センターを岸和田市に移転
2016年 4月 長野県上田市の信州大学繊維学部に伊澤タオル技術研究所を開設
2016年 6月 海外市場への販売、生産管理業務増強のため、100%出資子会社 IZAWA TEXTILE CO.,LIMITED 設立。
2017年 5月 東京支店規模拡大の為、東京都渋谷区に支店社屋を開設し移転